家の履歴を残す


どんな家であっても、住み始めて何年かすると、何かしら不具合が生じることがあります。また不具合がなくても、生活に合わせてリフォームをしたくなることもあります。そんなときに役立つのが、建築確認申請書をはじめとする「住まいの情報」です。施工した建物について少なくとも左記の書類はしっかりと知っておきたいものです。
こうした書類をきちんと出してもらえるかどうかは、住宅会社選びのポイントです。「建築確認申請書」……建築主は、建物の工事を始める前に、「建築基準法や消防法などをきちんと守っているかどうか」の確認申請を行う必要があります。

部屋チェック

申請書に建物の用途や、建ぺい率、耐久性、シックハウス対策など細かな内容を記載し、法令に適合しているかについて、建築主事(地方公共団体で建築確認を行う公務員)、または民間の検査機関に申請します。「確認済証」……建築主事、または民間の検査機関が、「建築確認申請書」を審査して、適法であると確認したことを通知する書面のこと。「保証書」……建物に関する保証書です。後述しますが、新築の場合は、建物の基本の構造部分は10年の保証がつきます。

それ以外にも、各住宅会社が、独自に保証制度を設けている場合もあります。「図面」……増改築する場合などに図面があるのとないのとでは、効率や費用が大きく違いますので、できるだけ受け取り、保管しておきましょう。特にプレカット図は、どこにどんな梁や筋交いが入っているかが、すべてわかります。増改築の業者が、プレカット図を見て工事すれば、無駄がなくなります。ただ、図面類は渡す会社と渡さない会社があります。
渡すことが義務付けられていないからです。もし、平面図や立体図、配置図やプレカット図まで、自信を持って渡してくれる会社であれば、信頼できると思っていいでし「仕様の詳細情報(屋根・外壁・サッシ等の外装、建具・床・クロスの内装等)」「設備機器の情報」……メンテナンスの際にあると便利です。

部屋

これらはいわば、家の履歴書です。メンテナンスやリフォームの際に役立つだけではありません。住宅は個人の資産であると同時に、世代を超えて継承されるべき社会的資産です。こうした記録があると、自分の住宅が、市場において適切に評価される裏付けにもなります。
引き渡しのときに、こうした記録の一式をきちんと渡してくれる会社なら信用できます。また、住宅会社によっては、こうした書類を渡してくれるだけでなく、データベースなどで管理をしている場合もあります。アフターメンテナンスやリフォームをした内容、火災保険情報や地震保険情報まで、一元管理されていると、災害や事故など、「もしも」のときにも安心です。


兵庫県内でお引っ越し先を探しているという方はいますか?そんな方にオススメしたいエリアがあります。それは,川西市。川西市は,兵庫県の東南部に位置しているエリアで,大阪府と隣接しているエリアです。
市の北部は,山岳の起伏に富んでいて豊富な自然が残っています。その豊かな自然の一部は,猪名川淫谷県立自然公園に指定されていて,多くの方が訪れる人気のスポットです。
自然豊かなエリアである一方で,ベットタウンとしても形成されております。そんな川西市で引っ越すならオススメしたいことがあります。
それは,川西能勢口駅周辺での不動産探しです。川西市能勢口駅周辺には数々の便利な施設が揃っているため,生活していてなにかと便利ですよ。ぜひこの機会にご検討ください。

京都市で賃貸物件を探している方,山科区で家具家電付きの物件を探すのどうでしょう。引越しと言えば,家具や家電の購入で,かなりの費用が必要になってしまいますよね。何回か引越しをしているのであれば,住んでいた家から運ぶ事も可能ですが,初めて引越しをする際は費用がかなりかかります。そんな費用を節約できるのが,家具家電付き物件。生活に必要な家具が揃っているので,新しい物を購入しなくても生活することができます。物件によっては,収納スペースが広い物件もあるので,持ち物が多い方でも安心。山科区で家具家電付き物件を探して,新生活を始めるのはどうですか。

世田谷区内で, 新築一戸建てをご購入の方はいませんか。ぜひ弊社のサイトを利用して下さい。分かりやすいサイトで初めての方にも使い易く,お探しの条件で不動産物件を見つける事ができますよ。サイトへの訪問を待っています。人気の世田谷区の新築一戸建てなら、快適な生活を送れるでしょう。

コメントは受け付けていません。